大阪府大阪市北区中之島1丁目への出荷目安を表示しています。 商品お届け先設定

学校教育は大きく変わる
学校教育は大きく変わるの?
  • 小学生
  • 2020年プログラミング教育必修化
    • 理科や算数などの教科のなかで、プログラミング的思考を養う授業がはじまります。
      親御さんの 不安を理由にプログラミング教育に反対することは、子どもの可能性の芽を摘むことになります。

  • 中学生
  • 2021年プログラミング教育強化
    • 技術・家庭科においてプログラミングに関する学習内容が倍増。
      2021年度から導入される新学習指導要領では「生活や社会における問題をプログラミングによって解決する」などのことが述べられています。

    学習指導要領「生きる力」(文部科学省)

  • 高校生
  • 2022年プログラミング教育が必修科目に
    • 必修科目として、プログラミングの授業が始まります。必修科目として「情報I」が新設され、プログラミングを問題解決に活用することを学ぶ授業がはじまります。

    2024年大学入試にプログラミング

    大学入試センター試験に変わって導入される「大学入学共通テスト」に、プログラミングなどに関する情報科目を導入する方針が検討されています。さらに「大学入学共通テスト」は、パソコンで試験を受ける方式も検討されているため、パソコンでの学習や授業に慣れておく必要があります。

2020年に向けて小中学生の学習にはパソコンは必須です!
子どもたちの授業への理解を高め、将来の可能性を広げるためにも、早い時期からパソコンに親しませることが大切です。
親子で学ぶ プログラミング無料体験会
エディオンmicro:bitワークショップスケジュール
日程都道府県店舗名
2019年5月18日(土)・19日(日) 鳥取県 エディオン 米子店
2019年6月8日(土)・9日(日) 山口県 エディオン 山口本店
2019年6月15日(土)・16日(日) 広島県 エディオン アルパーク南店
6月実施 愛知県 エディオン 安城店
※日程・場所は変更になる場合がございます。
※お申込みは各店舗までお問合せ下さい。

詳しくはこちら

子どもには早くからパソコンになれさせた方がいいのね。じゃあ、どんなパソコンがいいのかしら?
文部科学省 が推奨するパソコン環境 文部科学省は、 2018~2022年度にかけて、学校でのパソコン教育に適した環境を整備していきます。学校で使うパソコンは授業を充実させる3つのポイントがあります。 ※文部科学省 教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018~2022年度)
子どものパソコン選びに重要な3つのポイント
  • キーボード機能がある

    パソコン教育では、キーボード操作が求められます。タブレットやスマートフォンでは身につきにくいのでキーボード機能があるパソコンを選びましょう。

  • カメラ機能がある

    空や植物などを観察する授業では、パソコンのカメラ機能で写真撮影して、記録をとることもあります。そんな時のためにも、カメラ機能があるパソコンがおすすめです。

  • Officeソフトが使える

    様々な教科で文書作成や表計算、プレゼンテーションを行う際の学習用ソフトとして、Officeの使用が予定されています。Officeの操作スキルが求められます。

さらにパソコンには子どもが楽しく学べるアプリがたくさんあります。
  • Minecraft Hour of Code

    世界中で人気のマインクラフトを題材にしたプログラミング学習アプリ。ブロックのドラッグ&ドロップでプログラミングして、キャラクターを動かしながらプログラミングの基本を学ぶ。

    「マインクラフト」の世界で楽しく プログラミング学習

    ※動画が流れます。

  • 特打ヒーローズ(R)コナン

    630万人以上が利用した「特打」の名探偵コナンバージョン。暗号読解や迷路脱出ゲームなど、頭を使う11種類のゲームを楽しみながらタイピングを身につけることができる。タイピングが身につくことでできることが広がるはず。

  • ランドセル小学1~6年

    新学習指導要領に準拠した算数・国語・英語・生活・理科・社会・音楽・図工・体育・家庭の学習ができる。印刷して使えるプリント教材も豊富に用意されている。百ます計算、漢字検定や英検ジュニアの学習、マウスやタイピング練習も可能。

学校のパソコン教育に合わせたパソコンを選ぶと、キーボードやソフトの操作、プログラミングなどのパソコンスキルの習得にも役に立ちます。
注目のプログラミング教材
  • プログラミングできる小さなコンピューター「 micro:bit(マイクロビット) 」

    マイクロビットはイギリスで生まれた教育向けのマイコンボードです。イギリスでは11歳~12歳の子供全員に配布されており、授業での活用が進んでいます。

    micro:bitについて

  • 子ども向けプログラミングアプリ「 MakeCode for micro:bit 」

    Microsoft MakeCodeとは、ブロックを組み合わせるビジュアルコーディングと人気のプログラミング言語である
    JavaScriptによるテキストコーディングを選べるオープンソースのプログラミング学習環境です。

    MakeCode for micro:bitについて

  • プログラミングでロボットを操作「 mBot(エムボット) 」

    mBotは小学生低学年から中学生まで年齢に合わせて学習ができるロボット教材です。ブロックを並べるだけでロボットを操作して楽しみながらプログラミングが学べます。

    mBotについて

ページの先頭へ